函館朝市 弥生水産
お買い物トップ


函館朝市 生うに

殻付きうに 函館朝市 生うに 函館朝市

キタムラサキウニは、うにの身が黄色く「白」または「ノナ」とも呼ばれる。

あっさりとしていながらも甘みが強く、エゾバフンウニと比べ粒も大きいので食べ応えがあります。

エゾバフンウニはうにの身がオレンジ色で「赤」または「ガンゼ」と呼ばれています。

小粒ですが、濃厚な甘みが特徴で、まったりと舌に残る食感はエゾバフンウニならでは。一般的にはキタムラサキウニよりも高値で取引されることが多いです。

うには 一般的には夏に獲れるものだと思われているかもしれませんが、北海道近海では一年を通して漁が行われています。

時期により獲れる場所、うにの種類が異なるので、味も全く異なるものになります。

だからこそ確かな目利きが必要となるんです。

北海道

北海道の美味しい昆布を食べて育ったうには
まさに海からの贈り物!
とろけるような甘みはまさに絶品です!
また資源保護のため、うにの漁は漁獲期間が決められています。
また、魚のように網でまとめて獲ることはできません。
ひとつひとつ漁師さんの手で収穫され、
大事に港まで運ばれてくるのです。

折に入った生うにを敬遠される方の多くは、ミョウバンによる苦味が原因と思われている方がほとんどです。

当店の生うには最低限必要な分だけを使用しているため、実際は苦味をほとんど感じることはありません!

店頭でも、うにが嫌いなお客様が「美味しい!」と感嘆の声を漏らすこともしばしば。

何より、一粒一粒丁寧に盛られた生うには、 まさに芸術品!

どこに出しても恥ずかしくない一品です。

生うに 函館朝市


※生うにとは基本的に折(木の板)に盛られたうにのことを指します。
それに対し、塩水に浸されパック詰めされたものを塩水うにといいます。


うに いくら 海鮮どんぶり

海鮮丼 函館

函館朝市の海鮮どんぶり屋は
アツアツの白ご飯に具材をのせるんです!
(酢飯ではありません!あくまでどんぶり屋ですからね〜!)

ご覧ください!左の写真!

自家製いくらと生うにの二色丼!

よだれが出てきませんか?

最高の贅沢です!

「函館にはなかなか行けないんだけど。」 という方

是非本場の味をご賞味ください!

お口の中が函館になりますよ〜!


 
■最高級生うに
内容量 1折 単価 : ¥8400  (消費税込み)
数量 :